【ペロ催】ランキング争いの過酷さを思い知って…

2014/02/10 作成

去る 2014/01/30 ~ 2014/02/09 まで第 6 回ペロペロ大作戦 (鬼退治編) のランキング戦が行われ、ランキング争いに参加することへの過酷さを思い知らされました。

前回の第 5 回である冬コミ&初詣編では年末年始の特殊体制によりランキングSR枠が本来なら 1,000 位 + キリ番 (ピンポイント順位) になるところが 2,000 位 + キリ番 (ピンポイント順位) となった流れで今回は元に戻されていました。

結論を言うとこれだけならまだよかったんです。ラストスパートしかけられるまでは 1,000 位圏内にいましたので。

最終日となった昨日、まさかこの後過酷な戦いが待っていようとは思ってもみませんでした。最終的に総合順位は 1,076 位と大暴落でした。実際 3 桁台に留まっていた人の多くがラストスパート掛けられて順位が暴落し、今回は惜しくもランキング限定SRカード確保なりませんでした。無念…orz

ちなみに私は今回は特効によるプラス補正幅が 4.68 倍だったのですが、今思うと前回の冬コミ&初詣編の時点で今回の鬼退治編への準備は始まっていたのかもしれません。それもそのはずで、そもそも前回の大作戦が特殊すぎたのです。すなわち、プラス補正に加え、あのランキングSR枠が緩い前回からのレーダー持越量が明暗を分けたと言っても過言ではないということです。

今回の場合は自分なりに分析すると玉木さんの確保をケチったのが最大の敗因ですね。今だから言えることですが今回備蓄準備不足感がどうしても否めませんでした。まさか今回のランキング争いがあそこまで過酷になるとは…。下手をすると親衛隊イベントに匹敵するレベルではないかと。

今回思ったことは「過酷なランキング争いは親衛隊イベントの時だけにしてくれ…」の一言に尽きますね…。

ランキング争いに巻き込まれて、ランキングSR確保という名の「実績」の重みを改めて思い知らされると同時に、前回の冬コミ&初詣編のランキング報酬SRである犬飼さんを確保できたことがどれだけ運がよかったのかがよくわかりました…。

カテゴリー

無料ブログはココログ