【ペロ催】ペロコロガチャに望むこと

2014/01/12 作成
2014/01/13 更新

各種イベントガチャ同様、過去のペロコロガチャ限定カードを常設したペロコロ限定専用ガチャ設置を切に望みたいですね。これについて 2013 年 12 月上旬に公式コミュニティで「その回限定ではなくペロコロガチャ常設にしてみてはどうか」という旨の提案を出しましたが、コミュニティだと文字数制限の兼ね合いで書き切れないため、ここで改めて具体的にまとめたいと思います。

まず、仕様として理想的なのは…

  • 現行のペロコロガチャとは別にする
    (名称はお任せしますが、内容的に如何にもみたいな感じで。現行のペロコロガチャについてはそのままで良い。専用タブを設けた方がいいかも?)
  • 排出カードを過去のペロコロガチャ限定娘のみ、または新旧両方のペロコロガチャ限定娘に限定する
  • ボックス形式にする場合、レアリティに応じてセット数を振り分けて総数を調整する
    (ただし、SR 娘はレアリティの兼ね合いもあるので現行同様 1 キャラにつき 1 枚のままで良い。)
  • 消費するペロコロチケット枚数は倍の 10 枚程度に設定する
    (ただ中身のことを考えると 15 枚が妥当かも…?)
  • 引いたカードの通常レベル or Ex レベルが上限に達していた場合は従来通りペロコロチケット返還とする
  • (ボックス形式にする場合) 現行のペロコロガチャ 2nd BOX 同様 1 枚でも引いたら BOX リセットを可能にする

が良いと考えます。一方、条件として

  • 現行のペロコロガチャにおいて 1st BOX の時は専用ガチャタブの表示自体を行わない
  • また、挑戦する (回せるようになる) ための前提要件として、まず
    • 1 人目の限定 SR 娘を確保し、その後リフレッシュする
    • 1st BOX を空にする
    のいずれかを実施し、通常通り 2nd BOX への切替要件をクリアしてもらう。これに加えて、
    • 2nd BOX 側にいる 2 人目の限定 SR 娘を確保する
    を必須要件として追加する。つまり、2nd BOX 側にいる 2 人目の限定 SR 娘を確保して初めてガチャページに専用タブが表示される仕組みにする。
    (内容故にこれくらいの前提条件にした方がちょうど良いでしょう)
  • ただし、過去のペロコロ限定カードのうち、
    • ランキング報酬カード
    • 攻撃 200 勝達成報酬カード
    • 50 連勝達成報酬カード
    は排出対象外とする
    (特にランキング報酬カードは一種の実績のようなものなので、安易に復刻するべきではない)

を付けるべきと考えます。もっともコミュニティでの提案に至ったのは…、

  • ペロコロチケットを消費して回すペロコロガチャにはそもそも課金要素がないこと
  • 専用ガチャ設置という形で過去のペロコロガチャ限定カードを常設することにより、後発組にも入手チャンスができること
  • 同時に当時苦労して回すも「確保できず無念に散ってしまった」という苦い思い出のある娘にもう一度会いたいユーザーも一方でいるはずであること
  • 既に持っているユーザーにも Ex レベル上げで需要が見込めること
    (現状、過去のペロコロガチャ限定娘の Ex レベル上げは必然的に入手効率が悪い Ex ワイルドカード一択となるため)

の上記 4 つの理由からですが、一方で「実現は厳しいだろうな…」とも思っています。なぜなら、過去のペロコロガチャ限定SR娘だけで、

  • 伊勢崎 なつみ
    (第 4 回ペロコロガチャ限定SR)
  • 高槻 樹莉
    (第 4 回ペロコロSガチャ限定SR)
  • 月野 咲百合
    (第 5 回ペロコロSガチャ限定SR)
  • 結城 美緒
    (第 6 回ペロコロSガチャ限定SR)

の 4 名が正月限定という条件付きではありますが、ペロペロ福袋という形で復刻を果たしてしまったからです。これにより常設化の望みが薄くなってしまったように思います。R 以下のペロコロガチャ限定娘も数枚復刻していたことから、実現の可能性は低いかもしれません (-_-;)

仮に専用ガチャ設置が実現したとしても、ペロペロ福袋にて先行復刻したキャラは常設化が見送られる可能性もはらんでいますし、過去のペロコロガチャ限定娘の復刻に関しては間違いなく賛否両論ものでしょうしね。(ただ一方で、課金要素がない分ペロコロガチャ限定娘の方が再登場はさせやすいとも思いますが…)

運営さんにも戦略があると思いますので無理にとは言いません。また、当時苦労して確保したユーザーからは不満がでる可能性があることも重々承知の上で書いたものですので、参考程度に検討だけでもしていただけたらと思います。(実現するかどうかは別問題ですので)

カテゴリー

無料ブログはココログ