« 【ペロ催】親衛隊イベントを極めよう その1 | トップページ | 【ペロ催】ペロペロ大作戦を極めよう その1 »

2014/12/21

【ペロ催】親衛隊イベントを極めよう その2

親衛隊イベントを極めよう!その2です。
前回は概要について説明しましたが、今回は一般的な立ち回りについて解説します。

まず親衛隊イベント開始前になるとイベントガチャが親衛隊用で再開されます。
(基本的に再開されるタイミングはペロコロ終了直後となります。)

イベントガチャで何をするかと言うと特効カードの確保です。特効カードは 5 枚 (回によってはそれ以上) あります。倍率補正幅は親衛隊イベント、ペロペロ大作戦共通で、以下の特効カードがあります。

・特効N … 最大 1.2 倍
 → 今回のみ有効。その回の親衛隊イベントが終わった時点でノーマルガチャ常設カードと同じ扱いになる。イベントの度に確保する必要がある代わりにこちらのみノーマルガチャでも確保可能。
・新特効R … 最大 1.5 倍
 → 初登場時新特効として、次回旧特効として機能。3 回目以降は型落ち扱いとなる。
・新特効SR … 最大 2.0 倍
 → 新特効Rと同じ扱い。3 回目以降は型落ち扱いとなる。実は一番確保しにくいのがこれ。
・旧特効R … 最大 1.3 倍
 → 前回新特効として機能したカードがこれに該当。次回以降は型落ち扱いとなる。
・旧特効SR … 最大 1.5 倍
 → 旧特効Rと同じ扱い。次回以降は型落ち扱いとなる。新特効SRほどではないがやはり出にくい。
・レアガチャ限定SR … 新特効時 : 最大 2.0 倍、旧特効時 : 最大 1.5 倍
 → レアガチャ限定で季節にちなんだ特効カードが含まれる場合はこちらもイベントで威力を発揮。特効SRと同じ扱い。現在のところペロペロ大作戦向けはない。

特効倍率は通常 7.02 倍が限界となりますが、レアガチャ特効カードがあるとそれも上乗せされ、限界突破します。

特に親衛隊イベントで倍率限界突破することがザラなので倍率上限がほとんど安定しませんが、反対にペロペロ大作戦ではレアガチャ特効カードが今まで登場したことがないため倍率上限は 7.02 倍と非常に安定しています。

6 種類時は 10.53 倍か 14.04 倍のいずれかが上限となり、7 種類時は 21.06 倍が上限となります。レアガチャ特効カードが絡むと EP 効率が大きく変わるため、これが後述のランキング狙いの最大の障害といっていいと思います。

それでは本題に入ります。

まず、親衛隊イベント前半戦では 20 万EPを目がけて走ることになります。とにかく 20 万EP突破まではできるだけ自食いするのが基本です。(MVP とラストアタックを総取りしなければ効率が悪いため)

20 万EPは超親衛隊出現率アップ要件となっているため、これだけは絶対条件です。突破した後は基本的に自由時間です。ランキング狙わないならまったり進行でまったく問題ありませんが、お持ち帰りミニイベントが絡んでいる場合は飴を 330 個稼がなければなりませんので、とにかくできる範囲内で狩りまくりましょう。

前半戦までにお持ち帰り娘を全員確保できればベストです。飴は超親衛隊からもドロップしますので最悪後半戦にずれ込んでもある程度は大丈夫ですが、やはり前半で決着をつけてしまった方が精神的にかなり楽になります。

また、余った飴は親衛隊イベント終了後ペロに自動換金されます。栗戸の巣で処分することもできますが、効率があまりにも悪いため処分するよりも素直に 1 個 300 ペロに化けてもらった方がノーマルガチャチケット代ができるので反って良かったりします。
(300 ペロ×余った飴の数が最終的に得られるペロの金額になります。)

そして、後半戦は超親衛隊をひたすら狩ることになります。実はここからが本番です。

ランキングを狙わない場合でも最低 300 回はカウントを稼ぎましょう。自引き、応援と合わせて 300 回撃破すれば超親衛隊本人をあしらったSRカードが手に入ります。(スペックも比較的高いです。)

超親衛隊は理性が高いうえに制限時間が 30 分しかないため、ペロ友との連携プレイがカギを握ります。火力要員少々、お互いに放流しあえるペロ友で枠が構成されていれば低倍率補正でも 300 回撃破は十分可能です。(いなければ募集を掛けましょう。)

何故火力要員も必要になるかと言うと…超親衛隊には Lv100 も存在し、それを引いてしまった場合にそれへの処理が必要になるからです。

超親衛隊で最高レベルの Lv100 は HP がなんと 1 億もあるので、一見すると処理無理ゲーに思えるかもしれません。しかし、補正後火力が高いペロ友がいてかつ普段からやり取りをしているのであればその人に要請すれば処理してくれる可能性があります。

特にそのペロ友さんが総合ランキングを狙っている場合には単独で媚薬も投げずに要請飛ばした方が喜んで処理してくれる可能性が高いです。

ちなみに、超親衛隊 Lv100 を引いたかどうかは愛瑠さんのコメントで判別可能です。超親衛隊を引いた時、「七輪落としちゃった…」または「もつ鍋 (キムチ鍋などのパターンもあり) 落としちゃった…」というコメントが出た場合は「Lv100 確定」となります。ただし、必ずしも専用コメントがあるとは限りません。

回によっては超を引いた時の通常コメントでしれっと Lv100 が出ることもあります。
(回によっては超親衛隊のレベル範囲が 1 ~ 50、100、200、300 になるケースも存在)

時間帯が悪い状態で引いてしまったときは潔く秘薬を投げましょう。

あと、秘薬と媚薬もある程度は補充しておきましょう。前者は通常親衛隊および処理できない可能性が高い超親衛隊を逃す際に、媚薬は応援する側の負担軽減で HP を半分削った超親衛隊を放流する際にそれぞれ必要となります。

こちらはペロで調達可能ですので覚えておきましょう。
(このため、ペロは温存しておきましょう。)

ちなみに…超親衛隊 Lv100 をソロで狩ると MVP、ラストアタックボーナス込みでなんと 600 万EPも貰えます。また、同じくソロで狩った場合、Lv200 で 1,200万EP、Lv300 で 1,800万EP確定です。

300 回を稼ぐコツとしては応援要請をこまめにチェックして超親衛隊が放流されてきていた場合は迷わず「弱一発」を入れることです。これだけでほぼ超討伐件数 1 回カウントが確定します。

精力以上に多い場合は待機させていたプリンを投入してでも弱一発を入れに行くのがミソです。

自引きした場合も基本は弱一発入れてから即!応援要請を飛ばしましょう。

慣れないうちは「応援時超親衛隊 1 体につき弱一発入れる」と「自引きしたら弱一発入れて放流」に徹しましょう。慣れるまでは間違っても全力パンチしないようにしましょう。対応一つで絶縁される可能性があります。

また、間違っても通常親衛隊は放流しないでください。こちらも絶縁の原因となることがあります。が、秘薬を調達できないなどやむを得ない場合はこの限りではありません。

次にランキングを狙う場合です。

親衛隊イベントは特効倍率上限が安定しないので、フル特効でなければほぼ勝負にならないと思った方が良いでしょう。
親衛隊イベントでの総合ランキング狙いは、最終的に得られた特効倍率とプリン系の在庫量でほぼ決まるため、ペロコロ終了までにプリン系を稼げなかった場合、確実に負けます。

低倍率補正ほど攻撃 1 回あたりの出力が低くなるため、プリン系の消費量が目に見えて増えますが、逆に倍率が高いほど攻撃 1 回あたりの出力が高くなるため、反対にプリン系の消費量が減ります。

特にイベントガチャ側の特効SRカードがランキング狙いにおける最大の障害になりやすく、運よくその出にくい新旧特効SRカードを確保できれば勝てる可能性がその分高くなります。レアガチャ特効カードと合わせてフル特効となり、かつプリン系の在庫が十分ある場合、素の総催眠力が高ければほぼ勝ったも同然です。(もちろんまとまった時間に活動できなければ意味がない)

負けることが明らかなら素直に諦めてペロペロ大作戦に照準を合わせましょう。

最後に次イベントに照準を合わせる場合です。

親衛隊イベントが終わると基本的に次はペロペロ大作戦となります。
実は親衛隊イベントはペロペロ大作戦に向けた準備の最終調整の場も兼ねています。

と言うのも親衛隊や超親衛隊からはナミン系を割と落とすため、ペロコロで稼いだ分と合わせればかなり貯まるはずです。親衛隊イベントやペロコロがプリン系重視なのに対して、ペロペロ大作戦はナミン系重視となるため、ナミン系が足りないとランキングどころか 200 ヶ所突破も厳しくなります。

率直に言ってしまうとこの親衛隊イベントの結果でペロペロ大作戦の命運の 5 割 (最初の 4 割はペロコロでのこなし具合で左右、最後の残り 1 割は特効カードの所持状況で左右) が決まるため、ランキングを狙うつもりはなくてもペロペロ大作戦に照準を合わせている以上は親衛隊もしっかりこなしましょう。

« 【ペロ催】親衛隊イベントを極めよう その1 | トップページ | 【ペロ催】ペロペロ大作戦を極めよう その1 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ペロ催】親衛隊イベントを極めよう その2:

« 【ペロ催】親衛隊イベントを極めよう その1 | トップページ | 【ペロ催】ペロペロ大作戦を極めよう その1 »

カテゴリー

無料ブログはココログ