« Visual Studio Community 2013 をインストールしてみた | トップページ | 【ペロ催】親衛隊イベントを極めよう その2 »

2014/12/20

【ペロ催】親衛隊イベントを極めよう その1

突然ですが、ここでペロ催こと「ペロペロ催眠」ネタを敢えて投下です。

今回はそのペロ催の現存イベントの中でも主力となっている親衛隊イベントについて取り上げます。

親衛隊イベントとは何ぞや?という人のために簡単に説明すると、裸王親衛隊として襲い掛かってくるキャラと催眠バトルをしてスコアにあたる EP (イベントペロ、別名エクポコ) を稼ぐイベントです。

討伐すると、EP が貰えますが、その EP は与ダメージ量から100を割った数値が基本的に獲得できる数値になります。小数点以下は切り上げです。

なお、一番多くダメージを与えていた場合は MVP ボーナス、トドメを刺した場合はラストアタックボーナスが加わり獲得 EP が 2 倍、両方を総取りすると 3 倍になります。後半戦から出現するようになる超親衛隊 (詳しくは後述) を討伐するとさらに 2 倍となるため、最大 6 倍となります。

どちらの場合も討伐成功時は討伐報酬としてアイテムがプレゼントボックスに入ります。
アイテムは通常発見者 2 つ、応援者 1 つですが、超親衛隊討伐時は枠が 1 つ増加する上、アイテムが若干豪華になります。

討伐報酬は親衛隊を討伐するごとに必ずもらえます。

-親衛隊の種類を知ろう-

先述したとおり、親衛隊には通常親衛隊と超親衛隊の 2 種類があります。

・通常親衛隊

今回の迎撃相手となる娘のこと。ペロ催本編で言う親衛隊は通常こちらを指します。レベル帯は討伐数に応じて幅広くなっていき、イベント開始後初めて引いた時は必ずレベル 1 からスタートします。

レベルの上限は現時点での討伐数になります。

前半戦では討伐するたびに下限が上がっていき、最終的には応援要請しなければ手に負えなくなる仕様のため、特効補正込みの火力が低ければその分手詰まるのも早くなります。

後半戦になって超親衛隊が出るようになると下限が大幅に引き下げられますが、超親衛隊の方が EP 効率が高いうえ、ドロップアイテムも豪華になることから応援要請してもほとんど助けてくれないと思った方がいいでしょう。

ただし、ランキングが締め切られてロスタイムに入った場合は超討伐 300 回達成 + ランキングを勝ち取った側からすれば超親衛隊 (特に高レベル帯) を無理に狩る必要がほぼ皆無となることから、ロスタイム突入後であれば応援に駆けつけてくれることが多いようです。

制限時間は 2 時間です。

・超親衛隊

イベント後半戦になると登場します。公式コミュニティ等でペロ催の話題になった際に「超」という言葉が出ますが、超とは通常こちらを指します。

討伐数に関わらずレベルは全員均等でレベル 1 ~ 40 (第 18 回からレベル帯の上限が上がりました)、100 が基本的な範囲となりますが、回によっては 1 ~ 50、100 の範囲になることもあるほか、さらに 20 倍を超えるハイパーインフレとなった場合はフル特効保持者のやり場を確保するために Lv200 や Lv300 が追加設定されるケースもあります。

討伐時は獲得 EP が 2 倍 (小数点以下切り上げ)、ドロップアイテムが豪華、さらにドロップアイテム数が 1 枠プラスとなることから通常親衛隊よりも効率が高い反面、制限時間が通常親衛隊よりも 1 時間半短い 30 分となるため、いかにフレンドとの協力体制を築けるかがカギとなります。

超親衛隊本人のカードはこの超親衛隊を自引き、応援と合わせて 300 回討伐すると手に入ります。

ペロペロ大作戦に照準を合わせる人はこの超親衛隊を狩れるだけ狩ってナミンを稼いでいたりします。ある意味直前に開催されるペロコロから親衛隊イベントまでの結果次第でペロペロ大作戦の命運が決まると言っていいです。(ペロペロ大作戦ではプリンよりもナミンの方が重要になる)

理性 (相手の HP) はレベル × 1,000,000 で固定となっています。

ロスタイム後は高レベル帯の超親衛隊は需要がなくなることから秘薬を投げて逃すか、放流する場合は媚薬を入れることをお勧めします。

出現率は前半戦の動きで決まり、後半戦開始メンテまでに 20 万 EP に届かなかった場合は後半戦開始後総獲得 EP が 10 万EP突破後低確率で、逆に後半戦までに 20 万EPを突破していれば超親衛隊出現開始直後から (建前では) 確率アップがかかった状態で引けるようになります。

ただし、確率アップがかかっていても、連続して通常親衛隊を引くこともザラですので秘薬はしっかり用意しておきましょう。

-親衛隊イベントのバリエーションを知ろう-

一口に親衛隊イベントと言っても実はいくつかバージョンがあります。2014/11 時点で存在するバージョンは次の通りです。

・ムービー + EP達成R娘ありバージョン

 通常はこのバージョンになります。基本的にムービーを持つ娘が迎撃相手となり、規定数の EP を稼ぐとムービーが解放されていきます。ムービーは 1 人の娘につき全部で 3 種あります。

 10 万EP突破で限定Rカードが手に入りますが、その限定カードは基本的にこの回で出てきた親衛隊本人になります。ただしリベンジ編など、一部の回では新キャラになることもあります。

 このバージョンには過去に登場した娘が再度登場するリベンジ編もありますが、こちらは 2014/04 開催の第 12 回を最後に行われていません。

 超親衛隊は基本的に別のキャラクターになります。(ちなみに、一時ペロペロ大作戦の箱キャリア娘だった時期がありました。)

 後述の謝肉祭バージョンまたはEP達成娘 3 種ありバージョンのいずれかが開催された場合は次回以降に持ち越しとなります。

・お持ち帰りミニイベントありバージョン

 2 ヶ月に一度のペースでこのバージョンになります。先述のバージョンと異なり、こちらは 10 万EP突破時に貰える限定Rカードとムービーがありません。

 その代わり、規定数の飴を貢ぐことで限定娘を文字通り「お持ち帰り」することができる、お持ち帰りミニイベントをプレイすることができます。探索とは独立しており、会話を楽しむことができます。

 限定カードは N → R → SR の順でしか確保できず、レアリティが上がるごとに必要な飴の数も増えます。(N : 30、R : 100、SR : 200、合計 330 個は最低でも必要です。)

 そのお持ち帰りするのに必要となる飴の入手方法ですが、これは親衛隊討伐を行うと手に入れることができます。通常のアイテム同様討伐報酬としてドロップします。

 上記の理由のため、登場するカードの枚数は通常よりも 2 種ほど多い 5 種となります。(参考 : ムービー + EP達成R娘ありバージョンでの登場カードは 3 種です。)

 親衛隊ですが、基本的にはペロペロ大作戦の箱キャリア娘が迎撃相手となる場合がほとんどで、その多くは超親衛隊兼任となります。(この場合、箱キャリア娘のカード化は超親衛隊出現開始時のタイミングとなります。)

 後述の謝肉祭バージョンまたはEP達成娘 3 種ありバージョンのいずれかが開催された場合は次回以降に持ち越しとなります。

・謝肉祭バージョン

 何らかの節目となった時はこちらのバージョンとなり、ルールもかなり特殊です。

 上記 2 バージョンとは多くの相違点があり、まず本来なら規定数の EP に達すると貰えていた EP 達成報酬が存在しません。その代わり、通常の親衛隊に対しても討伐の意味を持たせたうえで、一定の条件を満たすと豪華報酬をゲットできるビンゴ方式が採用されています。

 謝肉祭バージョンでは過去の登場したほとんどの親衛隊が登場し、親衛隊ごとの討伐数に応じてビンゴが完成していきます。最大は 100 体 8 ラインです。過去の登場したほとんどの親衛隊カードが復刻しますが、その分非常に厳しい戦いを強いられることになります。

 なお、獲得 EP の計算方法や討伐報酬は従来通りなのでそこの点は安心してください。

 もう一つの違いは本来なら後半戦になってからじゃないと出現しない超親衛隊が初日からいきなり出現します。ただし、条件があり 20 万EPを突破するまでは自分が引くことはありません。

 20 万EPを突破した時点で超親衛隊を引く可能性がありますが、50 万EP未満だと通常回で言うところの「後半戦開始以降に 10 万EP突破で低確率で出現」と同等、50 万EPを突破すると同じく通常回で言うところの「後半戦までに 20 万EP突破で出現率アップ」と同等になります。

 先述の理由からいきなり超の応援に回るとあっさり 50 万EPは突破してしまいますので、自引き一発目でいきなり超親衛隊に当たることもあります。加えて超親衛隊のレベル帯も幅広く、最終的には Lv1~50、100、200 の範囲になります。(参考 : 通常は Lv1~40、100 の範囲が基本。回によっては Lv1~30、100 等のケースもある。)

 しかしながら、古くからプレイしているユーザーの場合、復刻カードのほとんどを持っているというケースもザラです。この場合、登場する新種のカード枚数は実質ムービー + EP達成R娘ありバージョン時とさほど変わらないと見なして良いと思います。

 親衛隊イベントのスロットは本来通常探索と同じ仕様ですが、謝肉祭バージョンは例外で高速スロットが採用されています。それ故、サーバー負荷が通常回よりも高くなる傾向が強く不具合が発生しやすいバージョンでもあります…。

・EP達成娘 3 種ありバージョン

 第 18 回親衛隊イベントで追加されたバージョンです。

 ムービー + EP達成娘ありバージョンとお持ち帰りミニイベントありバージョンの各要素を足して 2 で割ったような仕様となっており、こちらはムービーとお持ち帰りミニイベントがない代わりに、1 万EPで限定Nカードが、10 万EPで限定Rカードが、カンストとなる 100 万EPで限定SRカードがそれぞれ設定されています。

 登場カード数はお持ち帰りミニイベントありバージョンと同数で、前者からはムービーが、後者からはお持ち帰りミニイベント本体がそれぞれ省かれていますが、どちらかと言えば仕様的にはムービー + EP達成R娘ありバージョン寄りとなっています。

長くなったので今回はここまでにします。

« Visual Studio Community 2013 をインストールしてみた | トップページ | 【ペロ催】親衛隊イベントを極めよう その2 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ペロ催】親衛隊イベントを極めよう その1:

« Visual Studio Community 2013 をインストールしてみた | トップページ | 【ペロ催】親衛隊イベントを極めよう その2 »

カテゴリー

無料ブログはココログ